英語教材

1000時間ヒアリングマラソンで本物の英語力を!アルク人気No.1講座

更新日:



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アルクショップ

1000時間ヒアリングマラソン

英語をスラスラと話せるようになるのは、大変だと思ってはいませんか?
何も手段はオンライン英会話だけとは限りません。
英語は、まず耳から聞くのが大事です。
英語を苦手に感じてしまう一番の原因は、英語に触れている時間が少ないのが原因です。
赤ちゃんだって耳から言葉を聞いて覚えますよね?

英語に耳を慣らすなら、アルクの「1000時間ヒアリングマラソン」が最適です。
英語教材辛口ランキングの第1位を獲得した実績も、内容の濃さを物語っています。
多くの企業でも、教材として利用されていて、バラエティーに富んだ内容になっていますので、楽しく続けられます。
嫌々聞いていても、英語は身に付きません。まずは好きになる事から始めましょう。

◆キーワードは一年で1000時間

英語には独特のリズムと言葉の繋がりがあり、体得するには、一定期間に多くの英語を集中して聞く事で可能になるのですが、それには時間が必要です。

ヒアリングマラソンでは、その目安を1000時間としています。
「1000時間」と聞いてしまうと、一瞬躊躇してしまいそうになりますが、決して多い時間ではありません。
日々のちょっとした合間や、何かをしながら聞くなど、日々の生活で英語に触れる時間も含まれているのです。
ヒアリングマラソンを行う事で、毎日の習慣づけが出来るようになります。

◆最新の話題が教材に

1000時間ヒアリングマラソンを始めると、毎月学習用のテキストとCDが送られてきます。
その内容は、現在起こっているニュースや話題の映画、ラジオドラマや音楽、等々、興味を引く内容が多いのが特徴です。
最初から始めるのでは無く、その日の気分によって自由に取り組む事が出来ますし、副教材として「ENGLISH JOURNAL」もセットに入っていて、毎月届きます。

学習のポイントとして、多聴、精聴のバランス良く行う事が大切です。
その割合は2:1が理想的だとされています。
多聴は、沢山聞いて内容を大まかに掴む事で、精聴は、その文章一つ一つを繰り返して細かく正確に聞く事です。
セットに入っているテキストに沿って行う事で、理想的なバランスで学習出来るようになっています。

◆専用SNSと学習コーチの活用が続けられるコツ

楽しく勉強出来る環境であっても、一人は孤独で、つい挫折しそうになってしまいます。
そのような時には、口座の専用SNS「クラス」が用意されているので、是非活用しましょう。
同じ教材を使う仲間と交流出来るのは、とても励みになりますし、学習コーチに質問する事が可能なので、本物の教室で勉強している感じで、教材に取り組めます。

TOEICのスコアのUPに、そして、海外ニュースや洋画を字幕無しで見られるようになる為に、ヒアリングマラソンはとても効果的なのです。

更に時間に余裕があるようであればオンライン英会話と一緒に勉強することでより、語学、文法だけでなく、ネイティブに通用する発音も習得できることでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【実際に利用しました!だからわかるオススメ英会話3選】
 詳細はこちら  詳細はこちら  詳細はこちら

-英語教材

Copyright© オンライン英会話 , 2017 All Rights Reserved.