Episode2:When You Turn the Corner

Episode 2: When You Turn the Corner. その角を曲がると・・・

初めてイギリスから来た男の子に日本を案内する事になったリカ。
約束の時間に待ち合わせ場所に着いたリカに声をかけた彼は・・・
金色の髪に青と緑の眼。
可愛い笑顔。
そして彼はサプライズを用意していた!?



渋谷に着いたのは12時ジャストだった。
Rika arrived in Shibuya just at 12.


「やった!!間に合った・・・」
「Great! Just in time. 」


渋谷駅のハチ公辺りについてリカは辺りを見渡した。
Rika looked around the Hachiko area of Shibuya station.


「彼はどんな人だろう?いきなり会って、大丈夫かな??」
「What kind of person would he be? Meeting so suddenly, I wondered if it would be alright.」

リカが彼について知っているのは、名前と年齢だけ。
Rika did know a little about him, his name and age.


「クリス・・・かあ。外人さんの名前だね。そして私より一才年上」
「Chris eh? It's a foreign name. And he's a year older than me.」


渋谷は沢山の人が行き交っていた。そしてよく見ると、外国人も沢山歩いていた。
A lot of people go to Shibuya. And if you look closely, a lot of foreigners walk around too.


アメリカ人、ドイツ人、韓国人、インド人、メキシコ人・・・日本人とは少し違う顔の人
Americans, Germans, Koreans, Indians, Mexicans... There are a few more Japanese faces though.


が歩いているけれど、どこの国の出身なのか、リカにはさっぱり見分けがつかなかった。
Through walking, from anywhere in the country, not recognisable to Rika.


「Excuse me?」

・・・ドキッ。
..woah?


突然後ろから声をかけられて振り向くと、すごく綺麗な金髪の男の子が立っていた。
Turning around suddenly after being called from behind, a very beautiful blond boy stood.


そして、手には大きな花束を抱えていた。
・・・And, he had a big bouquet of flowers in his hand.




「 I am sorry I was late, there was a queue at the florist.」
「あっ、、、ソーリー!!な、、、何!?」


「A... Sorry!... What?」


突然金髪の男の人が現れて手には花束を持っている。そして流暢な英語で話す彼に、リカは
The blonde man with the bouquet appeared suddenly. He speaks native English to Rika too.


・・・テンパってしまった。
She was upset.


リカは彼と会ったら話そうと思っていた英語の自己紹介を全部忘れてしまったのだった。
Rika forgot the self-introduction in English that she was going to say when she met him.


「ちょっと、、、こっちに来て!!!」
「Hey... come over here!」


気付けばリカと金髪の男の子は、渋谷でとても目立っていて、周りの人はみんな振り返っていた。
Caring about Rika and the blonde boy, are very prominent in Shibuya, people were looking at them.


「プ、プリーズ カム ヒア!!」
「Pu... Please come here!」


リカはやっとこの英語を思いつくと、彼の腕をひっぱって駅から離れた場所へと足を向けた。
Rika finally came up with this English, she pulled his arm away from where they were to the station.


しばらく歩いた所で彼の目を見上げた。
She looked into his eyes as they walked for a while.


「アイム ソーリー、 マイ ネーム イズ・・・」
「I'm sorry, my name is...」


すごく綺麗な緑と青い眼・・・リカはこの色を初めて見た気がした。
Looking at his eyes, Rika notices they were a beautiful mix of blue and green.


「Oh Rika ! I know your name Nice to meet you !!!(リカ 僕は君の名前を知っているよ!はじめまして!よろしくね) 」


「ナイス トゥ ミート ユー トゥー!!(こちらこそ!)」
「Nice to meet you too! (you are welcome!)」


リカは、少しずつ英会話を思い出そうとした。
Rika was trying to remember English, little by little.


「・・・そうだ、どこか喫茶店に入ろう!!
「Yes... Lets go to a cafe somewhere.」


リカは、予約したレストランの時間が来るまで、カフェに入る事にした。
Rika had a reservation in a restaurant later, so they went to a cafe for now.


それでも、まだ彼の顔をマジマジと見る事は出来ない。
Still, she tried not looking at his face intently.


「Rika, thank you for today, this is gift for you... I hope you like it.  (リカ、今日はありがとう。この花はプレゼントだよ、気に入ってくれるといいけど・・・)」


「センキュー!!!」
「Thank you!」


リカは花束を受け取った。何でも無い日に花束を受け取るなんて、初めての事だった。
Rika received the bouquet of flowers. For nothing on the first day, she got flowers for the first time.


リカはとにかく落ち着けるカフェを探そうと急ぎ足で渋谷を歩き始めた・・・。
Rika began to walk around Shibuya quickly and tried to spot a cozy cafe.


応援お願いします!!m(_ _)m

   

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。