英会話は心理学を応用!無意識下での洋画鑑賞で学ぶ!

字幕なしの洋画で英会話に慣れる!



◇本当の英会話は映画にあり!




洋画を観ていると判りますが、日本人の英会話は非常に無駄が多いと言えます。

映画の中で、外人達は文法など全く無視で話しをしています。

もちろん、そこには使うタイミングやニュアンスがあるのでしょうが、本場の英会話は日本人が考えるより簡素になっていると言う事が言えます。

つまり、それをモノにすれば、必要以上に多くの事を詰め込む無駄がなくなり楽になる訳ですね。

例えば「元気?」と訊く際は、授業で習うのは「How are you doing?」などです。

ですが、実際は「How you doin?」で通じます。

答えも、授業では「I`m fine thank you」などと習いますが、大抵は「I`m」もなしで「good」、「fine」、「great」などで済みます。

英会話を効率良く覚えていく為にも、無駄は省いていきましょう。


◇洋画で覚える英会話には心理学を!




最近はオンライン英会話が流行っています。

実際、オンライン英会話はこれまでの英会話教育の中でも画期的なものでしょう。

しかし、プラスアルファとして日常的に英会話に触れているのが上達の秘訣です。

洋画を観て英語力をつける方法は良く言われています。

ですが、より効果的にする為に「心理学」を応用してみましょう。


◇英会話を覚えるには「海外かぶれ」でいい!




英会話を身に着けたい人にまず言いたい事は、海外のものに常に触れ、海外のものを好きになって欲しいと言う事です。

海外が嫌いなのに、海外の言葉は中々身に着かないものです。

当然のことながら、その場合は「洋画」、「洋楽」、「洋書」などに慣れていくことが重要です。

好きこそものの上手なれと言う言葉は決して間違いではないと言う事ですね。

常にそうした事の中に身を置くことで、それが日常になるのです。


◇映画で英会話を覚えるにはジャンルが重要!




さて、今回は特に「映画」に特化した英会話上達術を見ていくのですが、この場合には”ジャンル”がとても大切になってきます。

「どの映画」ではなく「どんな映画」なのかを考えるのが必要です。

結論から言うと「ホラー映画」と「ラブコメ映画」が適しています。

こうした映画は、セリフが少なく、言葉の内容もそれほど難しくないと言う利点があります。

更には、想定内の言葉であることや、リアクションがオーバーである為に、言葉が全く理解出来なくても想像出来る範疇にあるのです。

例えば、SF映画などの場合、あまりにも専門的な言葉が多過ぎて日本語、英語の問題以前です。

ドラマ系の映画は、とにかくセリフが多過ぎたり、逆に何も話さずに行間を読み取れと言うものが多く、やはり無理があります。


◇字幕なし映画を観る為に無意識になる!




さて、ではどのようにすると字幕なしでも映画が観られるようになるのでしょうか。

それは、ズバリ無意識です。

普段から洋画を観慣れていないといけないのですが、日々観ることで動きや状況で何をして、何を話しているのかが解ってきます。

ただ、観慣れている人でも、簡単に無意識になれと言ってなれるものではありません。

そこで効果を発揮するのが心理学です。


心理学には、「自己催眠」と言うジャンルがあります。

もちろん、「自己催眠」を出来るレベルになろうと言う訳ではありません。

「自己催眠」に重要な事は、頭を空っぽ、つまり極力無意識になることが前提としてあります。

そこで、それを利用して出来る限り無意識に近い状態で字幕なしの映画を観るトレーニングをしましょう。


◇英会話上達の為に無意識になる訓練を!




無意識になる為に大事なのは、「楽な姿勢」、「余計なものが目に入ってこない部屋の明るさ」、「静かな場所」です。

どうでしょうか、正に映画を観るにあたってピッタリの条件でもあるのではないでしょうか。

これらの準備が整ったら、呼吸に集中します。

とにかく何も考えません。

いわゆるヨガでも用いる「腹式呼吸」をします。

鼻から出来る限りゆっくり少しずつ息を吸い、吸った息がお腹に溜まるイメージでお腹を膨らませます。

限界にきたら、再びゆっくりと口から少しずつ息を吐きます。

この時、息と一緒に身体の悪いものも出ていくイメージをしながら、今度は極限までお腹をへこませます。

これをゆっくりと繰り返します。

最初は苦しいかも知れませんが、無理をせず自分が出来る範囲で行いましょう。

呼吸に慣れてきたら、どんどん無意識な状態が広がっていきます。

寝ると言う事とはまた違う感覚です。


◇瞑想に近くなったら映画を観よう!




この状態に入ったら、何も考えずに字幕なしで映画を観てみましょう。

「解る」、「解らない」と言った意識はなくします。

ただ、観るだけです。

とにかく観続けてみて下さい。

洋画を観ることに慣れている人、特にジャンルを限定して観ていた人はこれだけでもすぐに内容を理解出来ます。

恐らく、洋画に慣れている人ほど少ない回数で達成できるでしょうし、上手くいけば1回目である程度把握出来る可能性もあります。

難しく考える必要はありません。

すぐに出来なかったとしても嘆く必要もありません。

この合わせ技で、いずれは無意識にただボーっと観ているだけで理解出来てきます。


◇無意識の効力とは?




無意識な状態と言うのは、実のところ普段集中して観ているよりも広く情報を拾っています。

つまり、視野が広がっていると言う事なのです。

それは、字幕に集中している時では叶わないのですが、膨大な情報量を拾う事で状況が読めてしまうと言う事なのです。


これは、英会話をしていく上でも重要なテクニックになります。

言葉の通じない相手が、何を求めているのか、その場所、状況、表情、身振り手振りなどの多くの情報を落ち着いて把握することで見えてくるからです。

すると、英会話をある程度自分の中でパターン化することが出来る訳です。


◇この方法で英会話の半分が完成!




もちろん、最終的に英会話が出来るようになると言う事は、言葉それ自体を理解しなければいけません。

しかし、覚えていく段階で、判らない言葉があった時などにそれを補完すると言った意味でこのテクニックは役に立つでしょう。

いずれは、どの洋画も字幕なしで理解出来るようになればしめたものです。

英会話をマラソンに例えて、そのゴールが42.195kmであるなら、このテクニックが完成すると一気に折り返し地点にまで行けることでしょう。

そうそう外人が近くにいることは無いでしょうが、映画や音楽に触れればいつでも外人が隣にいるも同然ですので利用しない手はないでしょう。


◇まとめ



普段から洋画や海外ドラマなどを日常的に観る機会が増えました。

せっかく英会話に触れる良い機会であるにも関わらず、多くの人がこれを見落としています。

実は同じ洋画や海外ドラマなどを観ていると、意識していなくてもいくつかのフレーズを覚えているものです。

これを能動的にやってみようと言うのが今回の方法です。

心理学を応用すると、ナチュラルに身体に入っていきますので試す価値はあります。
▼応援お願いします!▼

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。