英会話の役立つ表現集!知っているだけで得しちゃう♪

【診療科別!】海外の病院で役立つ英語での症状の伝え方  

投稿日:


海外に長期滞在していると、日本での日々の暮らし同様、病院に行く機会もあるでしょう。
そんな時に、海外の病院で英語で症状を詳しく伝えられる自信はありますか?

ましてや近年はシニアの海外移住も増えています。

シニア

老後の海外移住先としては、東南アジアのタイやマレーシア、それからオーストラリア等が人気があります。
タイやマレーシアはリタイアメントビザが取りやすい点と、物価が日本よりもまだまだ安い点が人気に秘密です。

これからますます日本の年金制度があてにならなくなっていく中で、生活費の部分でも老後に海外移住をしたいと考える人も増えてくるでしょう。

ただしシニアには健康の不安もつきまとうのが現実です。
気候も良くのんびり海外で余生を過ごしたい気持ちと、万が一病気になってしまった時に不安だという気持ちが混在していることでしょう・・・

そんな方々のために今回の記事では、海外の病院で役立つ英語での症状の伝え方を、診療科別にお伝えしたいと思います。
医師に具体的に症状を伝える際、または医師の病状に関する説明を理解する際にお役に立てると思います。

ちなみに問診票等については、こちらの記事に記載してあるので良かったら参考にしてみてください。

内科で使える英語での症状の表現

まずはスタンダードに内科からご紹介していきたいと思います。
内科は英語でInternal medicineです。

内科

喉が痛い sore throat
せき cough
頭が痛い headache
胸が痛い chest pain
動機 heart palpitation
息切れ shortness of breath
むくみ swelling
めまい dizziness
胸が苦しい tightness in chest
腹痛 adbominal pain
胃が痛い stmachache
高血圧 high blood pressure
しびれ numbness
口が乾く exessive thirst
嘔吐 vomiting
お腹が張る abdomen feels swollen
食欲がない loss appetite
だるい weak
疲れやすい excessive fatigue
下痢 diarrhea(ダイアリア)
血便 bllody stool
体重減少 weight loss

耳鼻咽喉科で使える英語での症状の表現

次に耳鼻咽喉科に入ります。
耳鼻咽喉科は英語でOtolaryngology(オートラリンゴーロジー)です。

耳鼻科

耳鼻咽喉科のカテゴリーでは、耳、鼻、喉の症状それぞれに分けてご紹介します。

まずは耳の症状を表す単語です。

耳が痛い earach
耳垂れ discharge
耳なり ringing in the ears
耳垢 wax build up
めまい feel dizzy
聞こえが悪い difficultly in hearing
耳がふさがった感じ plugged ears

次に鼻の症状を表す単語を記載します。

鼻がつまる stuffiness
鼻水が出る runny nose
くしゃみ sneezing
鼻血 bleeding
いびき snoring
ニオイがわからない inability to smell

次に喉や口腔関連の症状を記載します。

喉が痛い sore throat
舌が痛い sore tongue
せき coughing
phlegn(プレム)
喉の異物感 feeling as if something is stuck in throat
声がれ hoarseness(ホワスネス)
ものが飲み込みにくい diffcult in swallowing
首の晴れ swollen neck

以上が耳鼻咽喉科で使える症状です。
大体これぐらいあれば、ドクターに自分の症状を理解してもらうことが可能になると思います。

歯科で使える英語での症状の表現

歯科はDentistryです。

歯科

歯医者は小さい子供からお年寄りまで、老若男女通う可能性がありますね。
そこで歯医者で伝える自分の症状に関しては多くの人が知識として知っておいて損はないと思います。

では、これからご紹介していきますね。

歯が痛い toothache
つめ物が取れた filling fell out →fall outの過去形
歯茎が痛い gums hurt→歯茎はgumsと複数形になる。gumだとチューインガムの意味になってしまいます。
虫歯 cavity
入れ歯
denture(s)
入れ歯が壊れた broken dentures
歯並びが悪い crooked teeth
歯石(歯垢)を取りたい teeth cleansing
口臭 bad breath
歯科検診 teeth check up

以上が歯科で使える主な英単語です。

眼科で使える英語での症状の表現

眼科はOphthalmology(オプスモロジー)です。

眼科

眼科で使える表現を記載していきます。

涙が出る tearing
目ヤニ mucous discharge→粘液分泌という意味です。つまり目ヤニの症状を訴える時に使います。
はれもの swelling→動詞(腫れる)はswellです。
かゆい itching
ゴロゴロする something stuck in the eye
見えにくい blurred vision
物が二重に見える double vision
まぶしい sensitivity to light

産婦人科で使える英語での症状の表現

産婦人科はObstetrics and gynecology(オブステトリクス&ジャイネコロジー)です。

産婦人科

Obstetricsが産科で、gynecologyが婦人科にあたります。
海外生活中に赤ちゃんができたらとても嬉しいですね。
そんな幸せな時に、お世話になる可能性があるのが産婦人科ですね。

一方体の不調で産婦人科を訪れた際に、具体的な病名を言われる場合もあります。
念のため、婦人科の主な病気の英語名称も掲載します。

妊娠 pregnancy
月経の異常 irregular period
おりもの vaginal discharge
下腹部の痛み lower abdominal pain
不正出血 irregular genital bleeding
ポリープ poiyp
卵巣のう腫瘍 tumour
性器のかゆみ vaginal itching
子宮筋腫 uterine fibrods
子宮がん検診 pap smear
不妊症 sterility
貧血 anemia
 

皮膚科で使える英語での症状の表現

皮膚科はDermatologyです。

海外においては、日本に存在しない思わぬ虫に刺されることもあるかもしれません。
何が起こるかわからないのが異国での生活です。
したがって、皮膚科にお世話になることがあるかもしれまんので、ぜひ使える表現を知っておいてください。

昆虫

かゆい itching
やけど burn
発疹 rash
湿疹 eczema(エクザマ)
あざ brusing
ほくろ mole
しみ liver spots
水虫 athlete‘s foot
じくじくしている oozing

精神科で使える英語での症状の表現

精神科はPsychiatryです。

現代はストレス社会ですので、日本国内でも精神科に通う人もだい増えていますよね。

海外でも、言葉の壁や慣れない生活でストレスにさらされることも多いので、不眠症やパニック障害などの症状に見舞われないとも限りません。
近年は精神科も身近な存在になっていますので、重症になる前に気になることがあったら受診することをお勧めします。

うつ

眠れない sleep is poor
いつもよりよくしゃべる talk more than usual
不安やパニック発作 anxiety or panic attacks
周りに人がいないのに声が聞こえる hear voices even thougu no one is around
うつ気分 feel depressed
元気がない low spirited
人に見られている気がする feel that someone is watching me
元気がよすぎる spirit is too high
意識がなくなる become unconscious
死にたい have adesire to die
興奮しやすい get excited easily
暴力をふるってしまう be compelled to violence

小児科で使える英語での症状の表現

小児科はPediatricsです。

子供が病気になってしまった場合は本当に心配ですね。
ぜひお住まいの地域に、小児科のかかりつけ医を見つけておいてください。

小児科

ひきつけをおこす spasm(スパズム)
元気がない moody/inactive
機嫌が悪い irritable
むくみ swelling
お腹が痛い abdominalpain
胸が痛い chest pain
発疹 rash
胃が痛い stmachache
嘔吐 vomiting
食欲がない loss of appetite  乳児の場合は(low milk intake)
吐き気がある nausea(ナウジャ)
体重が増えない insufficient weighting gain
下痢 diarrhea(ダイアリア)
血便 bloody stool

整形外科で使える英語での症状の表現

整形外科はOrthopedicsです。
最後に整形外科で使える表現をご紹介します。

怪我

怪我 injury
痛み pain
しこり lump
やけど burn
かゆい itching
はれもの swelling
ひねった sprain
しびれ numbness(ナムネス)
体重減少 weight loss

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、海外の病院で役立つ、英語での症状の伝え方を診療科別にお伝えしました。

現在すでに海外にお住まいの方も、これから海外に住もうと計画している方にも、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

尚、病状に関する英単語は発音が難しいものがたくさんあるので、詳しく学習したい方は
ネイティブの先生と直接マンツーマンで会話できる、オンライン英会話が料金もお手頃でおすすめですよ・・・。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【実際に利用しました!だからわかるオススメ英会話3選】
 詳細はこちら  詳細はこちら  詳細はこちら

-英会話の役立つ表現集!知っているだけで得しちゃう♪

Copyright© オンライン英会話 , 2019 All Rights Reserved.